サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

このページの位置は

ニュースリリース

  • 2012年10月11日(木)

=発電能力9メガワット ショッピングセンターの屋根を利用=
 ミスターマックス、メガソーラー事業に参入

 株式会社ミスターマックス(本社:福岡市、代表取締役社長 平野能章)は、自社が運営するショッピングセンターの屋根や土地を利用して太陽光発電システムの設置を開始いたします。 
 これは、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」による「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用した太陽光発電事業として導入するものです。


 これまでにもミスターマックスは、ディスカウントストアの特性を活かし、「地球に優しく、お財布に優しい」環境配慮型商品の積極的な販売や、店頭におけるリサイクル活動など、事業活動を通じ、省資源・省エネルギーなどの環境保全に努めてまいりました。
 今回の太陽光発電事業は、ミスターマックスの店舗およびショッピングセンターの屋上や土地を有効活用して、再生可能エネルギーを発電するものです。ショッピングセンター14ヶ所へ太陽光パネルの設置を行い、総発電能力約9メガワットのメガソーラー(大規模太陽光発電所)となります。年間想定発電量は約8,900千kWhとなり、これは一般家庭の年間電力消費量約2,500戸分にあたり、二酸化炭素を年間約4,200トン削減していることになります。設置場所は順次拡大を検討しており、将来的には総発電能力10メガ以上を目標としています。
 今年7月より開始された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(全量買取制度)」を利用し、売電収益については、さらなる再生可能エネルギーへの再投資を行うほか、発電した電力の自家消費についても、今後検討してまいります。
 昨今の電力供給不足の対策として、また、よりクリーンな太陽エネルギーの活用による環境負荷低減によって、社会貢献に資するものと考えております。ミスターマックスは、今後も環境に配慮した事業活動を行い、省資源・省エネルギーへの取り組みを進めてまいります。

 

【事業計画の概要】
(1)  事業者  <発電事業者>株式会社ミスターマックス
     <設計・施工>
    西日本地区:
     株式会社新出光ファシリティーズ(本社:佐賀県鳥栖市)
     *株式会社新出光(本社:福岡市)の100%子会社
     関東地区:
     シャープアメニティシステム株式会社(本社:大阪市)
(2)  設置場所 ショッピングセンター14ヶ所 
    (茨城県、山口県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県)
(3) 発電能力 約9MW
(4) 年間想定発電量 約8,900千kWh(住宅換算 約2,500戸)
(5) 年間CO2排出削減量 約4,200t
(6) 事業開始時期 2013年2月以降順次開始予定
(7) 総投資額 21億円


 
ご参考:県別発電予定
県名  発電能力 年間想定発電量  県名  発電能力  年間想定発電量 
 茨城県  305kW 291千kWh  熊本県  1,497kW  1,493千kWh
 山口県  2,733kW  2,831千kWh  大分県  1,281kW  1,278千kWh
 福岡県  1,975kW  1,943千kWh  宮崎県  702kW  767千kWh
 長崎県  273kW  308千kWh    


以上

ページの先頭へ戻る