レスキューTシャツプロジェクト2019のお知らせ

2019/3/12(火)

ワンコインで気軽に出来るチャリティ活動
『レスキューTシャツプロジェクト2019』のお知らせ

 何かよいことをしたい、だけど何をすればいいかが分からない、とお悩みの方にぴったりな、ワンコインで気軽に参加できるチャリティ活動『レスキューTシャツプロジェクト2019』を、 3月14日(木)から、全国のMrMax店舗およびMrMaxオンラインショップで展開します。

2019レスキューT

 本プロジェクトは、トップクリエイター&ディレクター集団である九州アートディレクターズクラブ(以下、九州ADC)が審査・監修のもと、九州のクリエイターが「今の時代に救いたいモノやコト」への想いを込めてデザインしたTシャツを、MrMaxが製造販売し、売上の15%を日本赤十字社の活動に寄付をする取り組みです。

 Tシャツデザインは全部で40種類。 それぞれ、「ノーモアフードロス」「好奇心!」「思い出ミュージック」など、日常にあふれる社会問題や身近なレスキューをテーマに、クリエイターが熱い想いを込めたデザインに仕上げています。 まずは着てみて、家族や仲間たちと一緒に話をするきっかけになればと願っています。

 

誰かを、何かを、救いたい、そういう想いを皆さんと繋いでいくプロジェクトです。

レスキューT特設サイトはこちらから

    

【商品概要】
レスキューTシャツ 税別500円
(サイズ)男女兼用サイズ XS、S、M、L、LL、3L 30種 ・ キッズサイズ 120、140、160 20種
(発売日)第1弾 3月14日(木) 32種 ・ 第2弾 4月11日(木) 18種
※限定数が無くなり次第、販売を終了いたします。

    

【2019年のデザインについて】
●クリエイターの想いがこもった新作40種、サイズも豊富に。
 レスキューTシャツは、「今の時代に救いたいモノやコト」を基本コンセプトに、レスキューしたいテーマやデザインはクリエイターの自由な発想から生まれています。 2019年のデザインも、密輸動物やフードロスなどの社会問題や、運動不足や思い出の音楽などの身近な話題をテーマにデザインされています。
「どうしてこのテーマなの?」「このデザインにはどういった意味が込められているの?」
その答えは、商品タグでご紹介していますので、是非、ご覧ください。

2019レスキューTタグ

 
 また、今年は、ご要望の多かったXSサイズと3Lサイズを追加しましたので、トップスをコンパクトにまとめたい、オーバーサイズで着こなしたい、などの、あなたにピッタリの着心地にお応えできます。 さらに、キッズサイズのデザインも豊富にご用意しました。親子でコーディネートも楽しめます。

2019レスキュー親子コーデ
   

【レスキューTシャツプロジェクトについて】
 レスキューTシャツプロジェクトは、九州ADC監修のもと、九州のクリエイターが「今の時代に救いたいモノやコト」への想いを込めてデザインしたTシャツを、MrMaxが製作販売し、その売上の一部をチャリティ活動に対して寄付をする、2010年にスタートした取り組みです。
Tシャツの価格は、「気軽にチャリティに協力していただきたい」という想いから、1枚税別500円で販売しています。
これまでも、東日本大震災や熊本地震の被災地への義援金や、国連WFPの学校給食プログラムの支援金などに寄付を行ってまいりました。2010年の活動開始以来、売り上げたTシャツの枚数は合計で49万枚を超え、寄付金額は約3,634万円となりました。

 

●九州アートディレクターズクラブ (略称:九州ADC)
 九州ADCは九州各県で活躍するクリエイター集団です。

九州ADCサイト

             

以上